スポーツで活躍した腕時計

タグホイヤーの歴史

オリンピックにおいて活性役割を果たした腕時計

クロノグラフが広まった背景には、特定のブランドの存在を持ちます。
それは、タグホイヤーです。

特許を取得したことにとって重要であるタグホイヤーと業績によって
メカニズム採用されたとしてを結合させる
「振動ピニオン」を発明することが
今日さえ1887年により重要である時計メーカーと
それの機械式クロノグラフは数えられます。

20世紀の初めの会社に続いて2代目のチャールズ・アウグスト・ホイヤーが
さらにまた、どの技術的な知識が効果的に使われたかは
1916年の1/100の秒単位によって
測定可能な世界初の機械式ストップウォッチ「マイクログラフ」と
発表されたかに製造する時計を情熱で満たしました。

技術が高く称賛されたタグホイヤー。
1924年のパリと1928年のアムステルダムに続いた
1920年のアントワープで始まるためにオリンピックの形で供給元を運び出して
3つの協定の名誉を得た。

「マイクログラフ」はミクロ時間を記述します。

先進技術の電子機器の完全な使用は
オリンピックのメーターでの正しいモデルとして
1972年のミュンヘン合意の後機械式メカニズムでなされます。

そのうえ、形式的得点が残されるので
1/100の秒単位によって測定することができるために
オリンピックが役に立つスポーツとして位置に建ててやったは見ています。